タミヤ 1/48 ソビエトKV-1重戦車


2007/05/18製作開始


2007/06/24完成


製作過程
2007/05/21


・ダイキャスト製のシャーシには、3mm径用のナットが固定できるモールドがあります。そこで、完成後に木製の台に固定できるように、鉄鋼用ドリルで穴を開けておきます。
・キット付属の牽引ワイヤーのひもは、いまいちなのでホームセンターで売っている水糸を使ってみようと思います。(この糸は270mもあるので一生使い切ることはないでしょう・・・)


2007/05/27


素組みなので、あっという間に基本塗装まで進みました。
色は家にあった有り合わせのものを使いました。緑は#302グリーンFS34092+#313イエローFS33531を基本塗装をして、#134草色などの緑系の色で明暗を付けて吹き付けました。
履帯は、#42マホガニー+#51肌色+#55カーキ少量でアースカラーを作り塗ってあります。


2007/06/02


リベットがあるので、デカールを貼るのが非常に難しいです。まず、クリアーを吹き付けてデカールを貼りやすくしておきます。
よく乾燥させてから Mrマークソフターを使いながら貼りますがどうしてもうまくいかない所は塗装で補修します。


2007/06/17


 ウエザリングは最近の定番、ホルベインのDUOでやりました。今回は、DUOの「水可溶性油絵具」という特性を最大限生かすため、ローアンバーを中心に、バーントアンバーとアイボリブラックを加えた色を水のみで薄めて洗い塗りをやってみました。乾燥に十分時間を取ることだけ注意すれば問題なく使えました。エナメル系の溶剤で洗い塗りをするとプラスチックが侵されるという問題の解決策となりそうです。
 履帯のウエザリングは、パステルをアクリル溶剤で溶いたもので汚して、仕上げに黒鉄色+シルバーでドライブラシをしました。

 

 

戻る