ハセガワ 1/24 マットビハイクル

帰ってきたウルトラマン より



2010/03/06製作開始



2011/01/23完成

マットビハイクルは、2度目の製作となります。前回の作品は今見ると大変拙い作品でした。
今回は、できる限りのことができたと思います。

窓枠、ヘッドライトの枠、ナンバープレートからウインカーに続くモールなどは、ハセガワのミラーフィニッシュの細切りで再現しました。

ロッドアンテナの基部は、極細の銅線を巻いて再現しました。

ロッドアンテナの先端と屋根からのびる支持部分は金属線の上に接着剤で溶かしたプラスチックを盛り上げて再現しました。

ワイパーはエッチング(グッドスマイルレーシング製)に置き換えたことで、精密感が増したと思います。




製作過程
2010/11/14

内装です。説明書どおりに丁寧に作っていくだけです。



2010/11/27

赤いラインのデカール貼りに失敗しました・・・
塗装でリカバリーしようと何度かトライしましたが、うまくいかず・・・
結局、最初からやり直しすることにしました。 
Mr.ペイントリムーバーをティッシュにしみ込ませてジップロックに一晩入れたところ、見事に塗装が落ちました。


塗りなおしです。
タミヤのファインサーフェーサー(ホワイト)で下地をつくり、Mrカラー#316ホワイトFS17875を吹き付けました。
デカールはハセガワに部品請求をしたところ、3日で到着しました。すばらしいサービスです。今回は、うまく赤いラインを貼ることができました。


2011/01/10

研ぎ出しをしました。
2000番のフィニッシングペーパーでデカールの段差をなくすようにヤスリがけをして、タミヤコンパウンド粗目→細目→仕上げ目で順に磨きます。
コンパウンドは、キムワイプS-200に付けて磨きました。



2011/01/16

窓枠やヘッドライトの枠などは、ハセガワのミラーフィニッシュの細切りで再現しました。

ワイパーは、エッチングに交換します。
グッドスマイルレーシングのワイパーセットAを使います。組み立てはハンダ付けで行いました。

接合部をしっかり固定して、ハンダ付けします。
フラックスとヤニなしハンダを使えば思っているほど難しくはないと思います。

支柱として真鍮線を溶接しました。これで、ボディとの固定がより確実になります。

 

 

戻る