アオシマ 1/45 ディーゼル機関車 DD51 北斗星



2015/09/27製作開始



2016/10/28完成

製作開始から完成までに1年以上かかってしまいました。

ブルートレインカラーはガイアカラーの青20号で塗装しました。

機関士は2種類付属しますが、窓からのりだしていて雰囲気がよい夏服のバージョンを選択しましrた。

キットのままではエンジンを載せるとカバーが完全に閉まらないため、台座を1mmほど切り詰めました。

ディーゼルエンジン DML61Z V型12気筒 61,000cc 1,100PS

冬服の機関士も製作しました。
  

製作過程
2016/03/19

キットの展示台にひと工夫します。ホームセンターで購入したモール用木材を2本用意。

額縁をつくるように45度にカットし、木工用ボンドで接着。

木部着色剤(パイン)で着色後、サンディングシーラーをはけ塗り。
320番のサンドペーパーで均した後にラッカースプレー(クリヤ)を吹きつけ

表示板はエッチング製でペラペラなので、0.5mm真鍮版で裏打ち
(真鍮版は、Pカッターでカットしエポキシ接着剤で接着)

エッチングパーツの表示板に、クレオスのメタルプライマーを吹きつけ、#48クリアーイエローを塗装
タミヤエナメルのブラックで文字以外を塗り、クレオスのスーパークリアーでオーバーコート

アクアオイルカラーデュオで汚し塗装。



2016/10/27

2mm厚のアクリル板をカットしたものをネットで購入しました。

アクリル用接着剤で組み立てました。

 

 

戻る