ファインモールド 1/72 ミレニアム・ファルコン製作記 (2)



2006/01/05
箱を見ただけで、胸がいっぱいになって、しばらくは組み立て説明書をながめるだけでした。原因は、3つの箱に分かれて入っている膨大な数のパーツです。これでは、パーツを探すのに手間がかかりますし、箱の横からランナーを出し入れするのも大変です。しかし、ランナーをすべて箱から出すと机がそれだけで占領されてしまいます。 そこで、大したことではありませんが、箱を上から開くようにカッターで切りました。これで、普通のプラモデルのような感覚でパーツを探すことができます。
ランナーの番号を箱に書いて、やっと製作を開始する態勢になりました。
それにしても、隣にあるキットの山と比較すると、普通のキット5個分ぐらいのボリュームがあるということかな。

2006/01/15
STEP 1 から作業を始めます。
コクピットの風防は、透明パーツと、窓枠のみのパーツの2種類が用意されております。私は撮影用プロップと同じ窓枠のみを選びました。(透明パーツのマスキングが面倒なので・・・)
フィギュアは、お尻に穴を開けて爪楊枝を刺し、持ち手にします。この4人を丁寧に塗り分けて、コクピットに乗せたいと思います。

2006/02/26
フィギュアの塗装です。下地にハンブロールのフレッシュを塗ってから、服はタミヤのエナメルで塗装しました。
肌や髪、服の皺などの微妙な色彩は、ホルベインのアクアオイルカラー「デュオ」で塗ってみました。 別に、デュオでなくて普通の油絵の具でも大丈夫です。
デュオは、1/35フィギュアなどの顔を塗る時に、微妙な感じを簡単に出すことが出来て重宝しています。
ハン・ソロ & チューバッカ
ルーク・スカイウォーカー & オビ=ワン・ケノービ

 

 

前へ  Topへ戻る  次へ