メビウスモデル ザ・ムーンバス
2001年宇宙の旅 より

2010/10/01製作開始


2011/04/17完成

 劇中のムーンバスは、ボディ左前にアメリカ国旗がマーキングされており、良いアクセントになっていますが、キットのデカールの中にはありません。このため、タミヤの1/35M−1エイブラムスのデカールからアメリカ国旗を流用しました。

 キットは、完成後もボディ上部を外すことができます。(ややキツイですが、カッチリと取り付け、取り外しができます。)

[カラーレシピ]
 ボディ … タミヤファインサーフェイサー(ホワイト)を下塗りし、影にクレオス#2ブラックをエアブラシで吹き付けてからクレオス#69グランプリホワイトで影を残しながらエアブラシ塗装
 内装 … クレオス#35明灰白色と#316ホワイトFS17875、イスはハンブロール#93マットデザートイエローで塗り分け
 噴射口 … クレオス#8シルバー+#2ブラックの混色
 脚部 … クレオス#72ミディアムブルー+#80コバルトブルー+#8シルバー+#2ブラックの混色


製作過程

2010/11/14

1969年にオーロラ社から発売された後、再生産されたことがないという伝説のキットをまさか2010年に製作できるとは・・・。
外観も良いし内装も再現されており、非常に良くできているキットです。

2010/12/12

キットの後部の排気口(噴射口?)は、モールドが中途半端です。
くり貫いて、中にジャンクパーツからそれらしい部品を中に入れ、0.5mmプラ板でスリットを自作しました。

上部アンテナは、キットのもの(写真の白いパーツ)では、あまりにも大味なので、八木アンテナみたいなものを真鍮線を溶接して自作し、支柱については、ジャンクパーツの飛行機の脚を芯にいろんなパーツを組み合わせてでっち上げました。
これらの資料として、ムーンバスの撮影用プロップを製作されたマーチン・バウワー氏ご本人サイト  http://www.martinbowersmodelworld.com/ が非常に参考になります。

2011/04/09

キットは内装が良くできているので丁寧に製作します。
劇中では、室内の照明が、コックピットは赤、キャビンは青で照らされています。ネット上には電飾を施した作例も見られますが、クリアパーツに色を塗って再現する方法を取ってみようと思います。

フィギュアは、肌色のベースとしてハンブロール#61マットフレッシュを吹き付けてから、ホルベインの油絵の具DUOで髪や顔を塗りわけました。

ハセガワのミラーフィニッシュで脚部のシリンダー部を再現してみました。

 

 

戻る